仮歌というきっかけ

ここ7〜8年以上、表舞台での仕事はしていません。

というより、それ以外の制作や身辺状況のために

とても集中して舞台に立つ余裕はなかった、

というのが本当のところ。

 

ずっと裏方の制作に携わっていて、その間色んな形で

色んな裾野を広げる経験をしてこられたかなと思います。

 

幼い頃から歌うことを日常に生きてきた私にとって、

歌とは自己表現の最大の手段と思っていたのですが、

そうではない歌の在り方、価値というものを教えてくれたのが

仮歌というヴォーカルジャンルかなと思っています。

 

細かく数えてないですが、今日に至るまで多分300〜400以上は

やってきたと思います。もしかしたらもう少しあるかもしれないけど。

 

アーティストとして活動している時には似ても似つかないような

ジャンルの歌を主に歌います。

時々アニメ系でロックっぽいのとかあると、ちょっと懐かしい気持ちで

昔の感覚を思い出しながら歌う機会もありますけどね(笑)

 

歌唱指導も仮歌も、共通しているのは

それらの仕事に取り組むことで自分でも気づいていなかった

「自らの手の内」を結果的に知ることができる、ということ。

これが私にとっての一番の醍醐味です。

 

知らぬ間に身につけていた、自分の武器というか。

それを探求することがどこかでちょっと楽しくなってた自分がいて、

たとえばアイドル楽曲を歌うのに、元々声質もヴォーカルスタイルも

合わないタイプの自分が、どこまで商品として通用できる歌唱を

完成させられるか(もちろん完全なる完成はないにせよ)、

そんな感覚にいつ頃からかなっていったような気がします。

 

もしかしたら仮歌をきっかけに何かチャンスがあるかも?

と思っている人もいるかもしれないですが、ものすごく遠回りな道か

ほぼそんな展開はないと思った方がいいです。

 

なんでかっていうと、仮歌に求められているのは歌のアイデンティティーではなく、

もうすでに歌う人は決まっていて、その人や企画に合うイイ曲を探してて、

それを最大限イメージできるようにするための歌が仮歌の存在意義だから。

結局のとこ、それ以外の何ものでもありません。

 

もし本当にシンガーとしてデビューしてやっていきたいのなら、

きちんとサポートしてもらえそうなプロダクションかメーカー(レコード会社)の

オーディションを受けるのが身のためだと思います。

 

少し話が脱線しましたが、そんなこんなで、

アイドルだの、J-POPだの、以前は殆ど歌ったこともないような

ジャンルの楽曲をたくさん歌う機会ができ、それによって実は大昔TVで観てた

聖子ちゃんや明菜ちゃん、同級生が聴いてた光GENJIなんかもそうだし、

自分が何となく耳にしたり、目にしたりしていたものが思っていた以上に

感覚の奥深くにアーカイヴされていて、長いアーティスト活動の中で

培ってきたものによってそれらを再現できるように、いつの間にか

なっていたことに気づきました。

 

自分の歌だけ、自分が歌いたいと思う作品だけなら、

その発見はきっとなかったんじゃないかなと思うんですね。

そういう意味で、特別なきっかけを与えてもらったのかなと思ってます。

 

仮歌は正直、難しいです。

そもそも、私の声質は比較的に仮歌向きでない、

というのも、仮歌には声の個性がジャマになるんです。

アーティストには一番必要なものだけど、仮歌には不要なもの。

 

それにロボットみたいに正確な歌唱スキルもないし。

 10人中8〜9以上が心地よく耳障りよく聴ける声が理想です。

 

歌唱力は一定以上絶対に必要だけど、いわゆる一般的な

歌姫的なものというよりは、正確かつ自在にピッチやリズム、

抑揚などをコントロールできるスキルのほうが重要。

最近は補正機材も優秀なものがたくさんあるので、補正できる範囲内

であれば少々のことは大目に見てもらえるかもですが(笑)

 

時にはその楽曲のもつメロディーや言葉を乗せた時の

微妙なニュアンスの良さを作曲家以上に汲み取って体現することも必要。

たくさん仮歌を依頼される人というのは、歌入れがはやいとか、

フットワークが軽いとか、バリエーションが比較的豊富とか、

そういう基本的なことはもちろんですが、多分そういうプラスαをしっかり

もってるからじゃないかなと。そりゃ重宝もされるわけですよね。

 

先日のテイクは自分でもかなり納得いくものが出せました。

仕事上、参考のためにAKBさんや乃木坂さん等の楽曲を耳にすることも多いのですが、

私の場合は無意識に彼女たちの声の成分を分析して脳内ストックしてる傾向が

どうやら高いようで。自分ではまったく意識してないことなので、

ブースに入って流しで歌ってる途中で急に発声イメージが出現してびっくりします。

厳密にいうと、分析してその発声イメージをアウトプットする直前の状態で

アーカイヴしてってるんでしょうね。

 

完全に職業病ですな。