「夢にこだわるな」

音楽の道を志す人の大半は20代後半以降の人生で苦悩や葛藤を抱えると思っている。

 

苦悩の程度はその人の思考的体質にもよって異なるけれど、何かと生きていくことに苦労する傾向が高い。

 

私には昔、何社かとメジャーデビューの契約話が進み始めていた頃、事務所の社長の指示で実はバンド活動をしていた時代がある。

 

当時のメンバーたちがどういう説明や経緯でそのバンドに参加することになったかは分からないが、色々な事の流れの中で一部のメンバーが去ってゆき、バンドは事務所の崩落劇に追随するかのように自然消滅した。

 

当時メンバーだった彼らともう再会することもないだろうと勝手に思って過ごしてきたけれど、人生というのは不思議なもので、ひょんなことをきっかけにそのまさかが起こった。

 

そんなこんなで先日は一部メンバーとの奇跡の同窓会。

 

一人は完全に演奏からは足を洗ってとある専門者で立派に仕事し、一人は同じくある専門分野で世間的には一流企業といわれる会社でしっかり活躍しながら、趣味で音楽をまたやり始めたところだという。

 

みな一様に苦労の道をたどり、暗中模索し、人の縁に導かれ助けられ、回り道をくり返しながら今日にたどり着いている。

 

私はというと、10年ほど前に事実上の無期限活動停止宣言をしてからというもの、正直、無理に音楽にすがりたいという気持ちはなかった。

 

企業ディレクターとして一般職の仕事に没頭していた時代もある。

 

いちおうは音楽を本業としている今でさえ、

 

「この道を志したばっかりに・・・」

 

という過去の苦悩から感じてきた思いが消え去ることはない。

 

私がそうであったように、彼らもあれから長いこと自身の進むべき道に悪戦苦闘しながらも、諦めずにそれを探し続けてやっと今があることを知った。

 

今現在、過去の私たちと同じように苦しんでいる人もいるだろうし、今まさに夢を追いかけてのちにそうなっていく人もいる。

 

その数全体の99%と言っても過言ではないだろう。

 

もし仮にメジャーデビューしたとしてもけっしてその先の人生が順調なわけでもなく、苦労人の道を生きていく者のほうが多い。

 

私が今になって思うのは、「夢にこだわるな」ということ。

 

音楽にのめり込むことで、私も含め多くのミュージシャンが失ってきたのは「社会的時間」とでも言えばいいだろうか。

 

それを失ったままこの国で生きていくことは人が思う以上に相当困難で、この自己矛盾に堪え切れなくなり自ら命を絶つ者も中には、いる。

 

でも、本当にそんなことしなければならないほどの話だったのか?

 

あらかじめ色んな人の事例を知っていれば、あらかじめ色んな人の経験談を何となくでも耳にする機会があれば、そしてどんなふうにその人たちが乗り越えていったか、そうなる前にどうしておけばよかったと思っているか、

 

そういうことを知るチャンスを得る場が、音楽や歌を志す若者に対して少な過ぎるのではないかと前々から思ってきた。

 

私のかつての同志たちのモデルケース同様、音楽家という道には敗れても、のちに活躍できる別の道を見つけた人はきっと他にもたくさんいる。

 

私自身の音楽屋としてのキャリアはまったく参考にならないとしても、馬車馬のように仕事して一般職と音楽活動を両立してきたこの経験については、まだこれからの若き表現者やクリエイターたちの参考になる要素が大いにあると思っている。

 

ただ歌を教えるだけの上っ面なボイトレや歌唱指導なんてたいして興味はない。

 

それなら私よりも上手で優秀な指導者など、世界にはたくさんいる。

 

もし今も私が音楽の道で生きていることの価値、意味を見出せるとしたら、”誰かのためになる何か”を提供することでしかないと、この数年ずっと思ってきた。

 

いっぽうでこの国の増え続ける自殺者数にも心痛めてきた。

 

どうしてそうならなければならなかったのか。

 

本当にそうならなければならなかったのか。

答えは、NOだと思っている。

 

それを知るきっかけを渡せる場所や機会を作ることなら、今の私にもできる気がしている。